Bar KURI Bar 久里
concept space system staff drink news Bar 久里
Bar 久里

Topに戻る
Diary
   2006. 1 メニューに戻る
1月30日 (月)  買い替え

最近の悩みは車をどうするか。
今乗っている車は、9年になる。
走行距離は65000キロくらい。
なんか変な音がし始めているし、ぶっちゃけ飽きた。
本当に欲しい車が出来たから、修理すれば良い車でも気持ちが行ってしまっているのかも。
ただし、その欲しい車っていうのが、ちょっと高い。
ムラーノ。一目ぼれです(最近多いかも)
だいたい、400万くらいになってしまう。
どうせ乗るなら欲しい車を大切に乗りたいって思う。
うちで、その心の内を話したら、怒られた。
「身の丈の生活をしなさい」
はい。その通りです。
しかし、車って高いね…。


1月29日 (日)  大掃除

仕方がないんだけど、まだあの子犬の事が頭から離れない…。
そんな日には、とことん大掃除です。
窓から天井から壁、床、全てをビカビカにして気持ちが良い。

あの子は、良い人に飼われればいいな…。


1月28日 (土)  却下

朝になり義母に「犬を飼っても良いか?」と尋ねた。
何でも私たちの意見に賛同してくれる義母だが、この件に関しては即却下だった。
私は「あなたたちが良ければ良いよ」という答えを想像していたから、言葉が出なかった。
「夜、一人で寂しくない?」
『今は自分の静かな時間が良い、自分の事で精一杯』との答え。
こればかりは、逆転出来なさそうだ。
「わかりました」
仕方がありません。。。家族全員の意見が纏まらなければダメですからね。

今まで、一度も気に入る子が居なかった私が一目ぼれした、あの子犬。
本当に残念で仕方がない…。


1月27日 (金)  一目ぼれ

今日も店の買い物を済ませ、いつものペットショップへ足を運ぶ。
アマゾンを亡くして一年一ヶ月。
まだ、犬を飼う勇気が出ない。
でも、あの可愛い子犬達を毎日眺めるのは私の癒しの時間でもあるの。
そんな今日は、店内に居た、真っ黒い子犬に目が釘付けになった。
いつもは入らない店内に入り、そのこに近づく。
ピョンビョンと跳ねて私にアピールする彼女。
テリアとジュナイザーのハーフ。
可愛い!!!
誰にも似ていない彼女を腕に抱く。
ペロペロと私にチュウをする。
でも…。
どうしよう…。
欲しいけど、まだ自信がない。


1月26日 (木)  the island

今日観たDVDは、「THE ISLAND」
最初に私の評価点を言えば、95点。
かなりの高得点。(ちょっと甘めかも)
ストーリーは、近い未来、お金持ちは自分の保険としてクローンを作成してもらっている。
請負会社は植物の様に、何の感情も無くコピーを作成していると説明しているが、実は各自人間と同様に感情を持ち生活している。
彼らは、地球が環境汚染で生活出来ないからと言われ、ある施設で生活していて、たまにある抽選で当たった場合に、まだ環境汚染されていないアイランドへ移住出来ると説明されていた。
何年も抽選に外れる者、半年でアイランド行きが決定される者…。皆が行きたがっているアイランドは実際には無く、抽選に当たった者は自分のオーナーが病気になって臓器を欲しい場合に臓器を提供する日なのを知らない。
主人公は、その事実を知り外の世界に逃げ出す、そして…。って話。
アクションもCGは極力使っていない為、迫力あるし、観終わった時の爽快感は○。


1月25日 (水)  バタフライ・エフェクト

今日は店に出る前にDVDを借りて来た。
準備をしながら観る。
今日はまず、「バタフライ・エフェクト」
別に有名な俳優が出ているわけじゃなく、ただ棚に沢山並んでいたし貸出中が多かったから手に取った。
ジャンルはミステリー。
掻い摘んで話せば、不思議な能力を持った主人公が、日々日記をつける。
人生の進行状況が都合悪くなると、その過去の日記を読み返し、その時代に戻り過去をやり直すって話。
これもダメあれもダメって、窮地に陥ると過去に戻って細工してしまうから、困ったもんだ。
一応、最後は全員が良い状況を作って終了なんだけど、これをやってしまっては、何でもアリアリなのでは?
やりすぎはダメですよ。
映画の内容がマンガになる。
映画の内容よりも役者さんが大変だろうな〜なんて、どーでも良い事しか印象に残らないわけで…。
この作品の点数55点。


1月23日 (月)  習い事

実は、コマーシャルでお馴染みのユーキャンの習い事を一月に申し込んでいた。
先日、その道具が届いたので、今日さっそく習い事を始める事にした。
その習い事とは、「書道」実際、私は小学3年から高校まで書道を習っており、一応五段。
私の入っていた書道会っていうのは、五段が一般最終級で、それ以上は師範のコースになつていた。
師範コースに行こうとは、思っていたのだけど、私も遊び盛りで、書道から遠く離れでしまったワケ。
しかし、嫌いじゃ無かったので、今でも筆ペンなんかでチョコチョコっと書いたりしていた。
HPの初めに出てくる「優しい気持ち…」は私の実筆です。
まーそんなわけで、嫌いじゃない書道を再度始めて今度こそ師範を取ろうと考えたわけです。

久し振りに墨の匂いを嗅ぐ。
気持ちが落ち着く感じ、しかし筆を持ち、いよいよ書き始めようとすると、緊張しちゃいますね。
お題は「天人」留め、はらい。の基本です。
何とか清書した物を指定の封筒に入れ提出。
二週間ほどで、添削されたものが帰ってくるシステム。
月謝は1990円。


1月19日 (木)  嫌われ者

世の中には、好かれる人と嫌われる人がいる。

タレントや政治家、友達やすれ違う人。
実際、その本人とは面識も無く、しゃべった事も無くても生理的に受け付けない人っているし、実際に紹介されて第一印象で嫌な感じがすると、現実知れば知るほど、期待を裏切らない嫌いなタイプだったりする。
人は一瞬(7秒)で人の第一印象を認識するんだってね。
その第一印象が悪くて、逆転するのに3〜6カ月はかかるらしい。

今、大問題になっているH社長も、第一印象は良くない。
一番は目が良くない。
美形かブサイクかの問題じゃなく、目の奥が人馬鹿にしている目つき。
出る杭は打たれるって言うけど、出ても打たれない人だって沢山いる。
ガンガン儲かってハデに遊んでも、バッシングされないし多少の悪だって、見逃してもらえる人。

先日、ネットのニュースに以前TVでよく見かけた女優、「ゆうき なえ」が公費で海外留学に行ったって、かなり公費のムダ使いだ的に掲載されていた。
彼女も一見、ナヨナヨってした大人しい女だったけど、彼女を理解してあげよう…って以前に国民が拒否して業界から干された。
可愛そうだけど、仕方が無い。
嫌われキャラなんだ。

本当に、怖いね。
万人に好かれるのは、難しいけど
嫌われキャラには、なりたくないよ。


1月18日 (水)  占い

今年は、何か凄くツイテイル。
去年は、12年に一度の幸運の年といわれつつも
全滅。
いやいや、逆に12年に一度の最悪な年だったのかもしれない。
そして今年。
実は、例の占いによれば、私は大殺界らしい…。
あの占い師は、別に好きでもないし、あの本を読んでいるわけじゃないけと、「良くない」と言われれば、つい弱気になつてしまうのが人間でしょ?
ところが、今年に入って、公私ともにラッキーが続いている。
まだ今年に入って数日で、今後「ほらみろ」ってな事になるかもしれないが、出だしから去年とは違うわけで…。

今後がどうなるか、自分自身楽しみであるのです。


1月12日 (木)  なべ屋

今日は、凄く面白い店に行った。
ラーメン屋さんみたいなんだけど、怪しい感じ。
名前は「なべ屋」以前一度だけ行った事があるって人と行ったんだけど、私はもちろん初めて。
ぼっこい自動ドアが開いて、直ぐに階段。
狭い店でマスターらしい人がカウンターに座ってお客さんとしゃべっていた。
目が合うなり直ぐに「あら〜っ遅かったじゃない〜」って何故かオカマ言葉。
…初めてなんですけど…って間も無く、マシンガンの様に話しかけてくるんだけど、かなり面白い。
「とりあえず、ドンベリね」と勝手にビールが出てきて、「グラスは三つね」と自分の分も入っている。
ずうずうしいなんて少しも感じないくらい、超面白いオッサン。
本当にオカマ?いやいや奥様も一緒に店に勤めている。そしてしゃべるだけしゃべって、勝手に餃子が出てきて「玉子焼きも付けておいたワヨ」って厚く切ったタクアンが数枚、餃子の皿に乗ってる。
くよくよしているのがバカらしくなるって気分になる明るいマスター。
メインのラーメンは、飲んだ後にはピッタリの量のシナそば。
とにかく笑いっぱなしの時間。
とても勉強になりました。


| 1 | 2 |
2006/1
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

前月     翌月

- DiaryNote - COPYRIGHT(C) Bar KURI ALL RIGHTS RESERVED.