12月21日 (木)  同級生

同級生の親友にランチを誘われて、睡眠3時間半とあるホテルのランチに出かけた。
B型の彼女は時間にルーズ。でもB型って、仕方ないな〜って許せちゃう不思議な魅力があるんだよね。案の定、彼女は約束の11:30になっても姿を現さない。
電話…RRRR。何回呼んでも出ないし〜!!
三回目の電話で、やっと出るも「ゴメン今GAPのレジに並んでた」って、コラ!!!
遅れること30分。やっとランチスタート。
毎度の近況報告も、子供が二人の彼女と私のスタイルは全然異なり、彼女は今GAPでバーゲンをやつていたから子供服を買った、安くない?これ〜っ。と興奮しまくり(笑)
あんなにイケイケ(死語)だった彼女は、自分の事は二の次でバーゲンや子供達繋がりのママさん仲間の話題に夢中。同じ席について30分は彼女の世界を理解するのに時間がかかるから、彼女の口から流れ出る言葉にひたすら相槌をうつばかり。
けして羨ましくも無く、うっとうしくも無く、いろんな幸せの形があるんだな…つてフワフワした感覚になる。
嫌いじゃない時間。
彼女に私は、どう映るんだろうか?羨ましいよ…って言いつつも、彼女の顔は不幸ではない。
ガラス越しに太陽が当たる彼女の顔は、皺が増えたね。
でも、とても綺麗だよ。